生理中の処理はアリ?ナシ?

生理中の脱毛処理は、正直おすすめしません。

生理中はホルモンバランスが崩れ、普段よりも敏感になっているため 脱毛時の痛みを強く感じたり、肌トラブルが起きやすく 脱毛効果も半減します。ですが、「早く処理を終わらせたい!」とか「自分で立てた処理計画を絶対に守りたい!」というような理由で、構わずに処理をしてしまう場合もあると思います。
 そういう人には あえて「ダメ」とは言いません。

っが、やはりいくつか注意すべき点はあるので、ご参考まで。

 生理中の脱毛処理時の注意点.

照射後の冷却と照射終了後の肌の保湿を徹底する!

いくらケノンといえども、さすがに生理中は 肌は敏感になっています。そんな時に普段と全く同じように照射をしていては、肌への負担はたまったものではありません。
 普段以上の入念なケアが必要になります。

まず 照射後は、こまめに冷却ジェル・保冷剤などで 照射した後の皮膚を十分に冷やしましょう!そして、全部の照射が終わったら 皮膚が火照っている可能性がありますので、再び 冷たいタオルや冷却ジェルで肌を鎮静し、その後 化粧水や美容液などで保湿・保護をするようにしてください。
 ですが、処理時の肌はすっぴんの(何も塗らない)状態が望ましいです。

照射レベルはいつものレベルよりも一つ下!

ケノンでの生理中の脱毛処理では、照射のレベルについても通常と同じようにしていると何かとトラブルになる場合があります。照射レベルは変わらないのに痛みを感じたりすることもあります。

 生理期間はほんの1週間ほどですので、できるなら無理をしないで生理中の脱毛処理は避けた方がいいのですが、もしどうしてもするのであれば、照射レベルは1つ落とすようにしましょう。

vioへの照射はNG!

さすがに生理中にわざわざvioの脱毛をしようとする人はいない とは思いますが・・ 一応。
 やはり衛生面から行っても当然無理でしょう。生理時は皮膚が敏感になっていますので 照射時の痛みは強いことが予想されます。それでなくても、vioへの照射はケノンといえども痛みを感じる部位。

 超デリケートゾーンですので、生理中は絶対にNGです!!

 生理中よりも生理後が脱毛処理には断然ベスト!!

生理前や生理中は女性ホルモンの影響で、何かと 肌荒れやニキビなどの肌トラブルが続出する時期。さらに体重の増加や便秘なのの体調にも影響することがあります。肌は敏感になり、油分量も増えます。

 それにひきかえ、生理の1週間後は 水分量も増え、肌状態も良くなり 肌の状態が最も安定している時期。ケノンのIPLフラッシュは、肌の水分量が多いほど光が浸透しやすく、脱毛効果が高くなります。また肌トラブルのリスクも低くなります。