妊娠中の処理はアリ?ナシ?

ケノンの取説には、

【次のような方は使用しない】
・妊娠及び授乳中の方.

とハッキリと明記されています。メーカー側としては、それでもどうしても使用したい場合は、「事前に医師の診断を」ということで回答しています。

 妊娠中は痛みを感じやすくなっている?

生理中と同じく 妊娠中は、どうしても ホルモンバランスが変化していますので、肌が敏感になっている というのが主な原因です。

 どうしても。どーしても!脱毛をしたいのであれば、できなくはないです。
ですが、ホルモンのバランスが崩れているので 効果が出にくい んです。脱毛サロンや医療クリニックでも妊娠中の施術は断られるパターンが多いようです。

 妊娠中はムダ毛が濃くなる?!

妊娠中は、脱毛するどころか ホルモンの影響で、逆にムダ毛が濃くなる時期でもあるんです。また 薄くなる という場合と2つに分かれるそうです。お腹周りのムダ毛は濃くなる傾向にあるようですが・・
「少し濃くなったかな・・」とか「ミゾオチからオヘソの下あたりまでびっしり生えた!」「ムダ毛がウズを巻いている」など、個人差はありますが、
「お腹のムダ毛は赤ちゃんを守るため」とも言われています

あまりにも濃くなりすぎて気になるようであれば、なるべく肌に負担がかからない方法で処理をしても問題ないとは思いますが、ケノンでの IPLでの脱毛処理は、やるだけ無駄 という結果になりかねないので、あまりおすすめしません。

 フラッシュ脱毛が胎児に影響をおよぼす事がある?

あくまでも、妊娠中は脱毛効果を得られない・効率のいい脱毛処理ができない という理由なので、特にフラッシュを照射することで赤ちゃんや、さらに母乳に悪影響を与えるということはありません。
 ホルモンバランスの崩れで、毛周期にも変化が起こり 通常通りの処理をしているつもりでも一向に毛が減らないどころか増える となっては、それこそカートリッジの無駄使いもいいところです。

 出産後の授乳中もダメなのはなんで?

これも理由は妊娠中と同じで、ホルモンバランスが崩れた状態が続いているからです。産後の脱毛の再開時期は、脱毛サロンとかだと 断乳後(卒乳後)、2回の生理終了後 ということなので、ケノンでの脱毛を再開するときの目安になればと思います。