フラッシュとレーザーの違いってなんなの?

ケノンを買おうかどうしようかと迷っている人には、この問題でも迷っているのではないでしょうか。

フラッシュ式にするか、レーザー式にするか という問題。
この2つの違いはなんなのでしょうか。

 フラッシュ式脱毛器/フラッシュ脱毛とは.

主に「IPL」という光源隊を利用した脱毛で、可視光線(目に見える光全般/色でいうと7色の光)の中で有害な紫外線はフィルターで除去し、およそ500nm〜1200nmの間の、光の束のことです。(nmというのは光の波長の単位です)この中には、単体での強力な光源である様々なレーザーの波長も含まれます。

 これだけの光のタバならよっぽど強力な光なのでは? と思われますが、実際は、それぞれの光が自由自在に飛び回り収集がつかない状態で、お互いがお互いを打ち消しあうため 全体としてのパワーはレーザー単体に比べると弱い という特徴があります。
ですが 個々の光が様々な場面で作用することができるので、脱毛のみならず肌のいろんなトラブルに対処することが可能です。
 そのため、ケノンでは 脱毛とスキンケアの両方が備わっています。

脱毛には、黒や茶に反応する光が有効で、これらの色に反応することで、熱エネルギーへと変換され その熱でターゲットを攻撃して弱らせます。レーザーのように一つの強力な光ではないので、照射時の痛みはほとんどありません。

 レーザー式脱毛器/レーザー脱毛とは.

IPLのように様々な波長の光の集まりではなく、ある一定の波長で、一つの方向に向かってのみ進む という特徴を持った光です。
 ”集光性” に優れている点から、レンズを用いて光を1点に集中できます。そのため、毛の1本1本の 毛根奥にある毛乳頭までをピンポイントで照射する事が可能で、発毛の根源である “毛母細胞” を破壊する事が出来ます。

IPLフラッシュと比較すると、脱毛効果が早く、かつ毛根から確実に毛を排除するので、永久性が高い脱毛方法と言えます。
 ですが、毛根組織を破壊するほどの強い光ですので、照射時には痛みを伴うことが多いのがデメリット。皮膚の他の組織に影響することはありませんが、照射後は大抵赤みを帯びることが多いです。

 どっちがいいの?

「肌への負担(痛み)」ということでいうと、”フラッシュ式” ですが、「脱毛効果(半永久的)」でいうと “レーザー式” となります。脱毛処理をする期間も、レーザーの方が早く効果が実感できる分 早めに終わるということが考えられます。どちらも家庭用ということで、脱毛サロンや医療クリニックでの脱毛と比べると、やはりどうしても出力の弱さはあると思うので、レーザー式といえども そうそう短期間では終わらないと思った方がいいですが・・

処理時の痛みなどを考えると、どうしても敬遠されがちなレーザーです。気持ち的にも、なんの気構えもいらないフラッシュ式の方が、続けやすいのかもしれません。