ニキビ・ニキビ跡にも効果あり!?

女性の肌トラブルで、1番多いと言われる「ニキビ」問題。ニキビ自体は、今ではニキビ用のケア製品が多数出回っていますので、それらを利用することで治療できるとしても、問題は 完全にキレイに消えてくれるか という事。
 時には、肌の奥で “色素沈着” を起こし、茶色い斑点のシミのように残ってしまったりします。そうなると、コンシーラーを使ってカバーしたり、化粧をするのにも一手間増えてしまって、何かと大変です。

 ケノンの美顔機能でニキビ跡が消える?!

このようなニキビ跡が、増えてしまうと 肌がくすんで見えてしまう原因にもなり、顔の印象にも影響します。ですが、ケノンのIPLフラッシュで、「ニキビ跡がキレイに消えた」という口コミも多く、実際に、ケノンにはそのような肌トラブルを解消する力があるのです。

 では、どうしてそんなことができるのか・・ 
ケノンのIPLフラッシュという光は、特殊な光です。

ケノンの美顔器、”スキンケアカートリッジ” の照射口から照射された光は、肌の奥まで達しニキビ跡を作っているメラニンに反応します。
 そして光は熱エネルギーへと変わり、このメラニン色素を破壊。このように、照射を何回も繰り返していくうちに、徐々にメラニン色素は肌の表面に浮き上がってきて、最終的には老廃物として落ちてしまう という仕組みです。

 ”ニキビ跡” と言っても、ようはシミやソバカスと同じで、メラニンによる色素沈着なので 「フォトフェイシャル」や「フェイシャルエステ」と同じような効果を持ったケノンであれば、十分に解消できるトラブルです。

 っで、ニキビには?効くの?効かないの?

 では、今 できているニキビを治療することはできるのか? というと、「できているニキビの状態」によっては十分に効きます。というか少しずつですが、改善することは可能です。

ニキビの状態によって効く場合と効かない場合がある.

ニキビの原因は “アクネ菌” による増殖です。アクネ菌は皮膚に最も多い菌の一つで、角質などが毛穴につまり さらにそこに皮脂が溜まってアクネ菌が繁殖することで『炎症』を起こします。これが “ニキビ”。
 ケノンのIPLフラッシュ光は、アクネ菌が炎症してできた “膿” の原因である “ポルフィリン” と呼ばれる、アクネ菌の代謝物に対して殺菌作用を及ぼすことができません(白ニキビの状態)。

 それができるのは、フォトフェイシャルで、”クリアライト” と呼ばれる、波長400nmほどの光のみです。この光は、活性酸素を発生させ アクネ菌を死滅することができます。(ただし、アクネ菌以外のニキビの原因菌には効果なし)
IPLの波長の幅は、だいたい500nm〜1200nmの間。

ケノンでのIPLフラッシュでは、せいぜいニキビの赤く炎症した部分を軽減する程度 かと思います。