ケノンでvライン!!

では実際にケノンでvラインを処理する場合の注意事項やコツなどを解析していこうと思います。

 ケノンのvラインはまず形から!

ケノンでvラインの脱毛処理をする際、一番最初にしなければならない事は、

手順① 『vの形』を決める.

vioの中でも一番毛量が多く、一番太くて硬い毛で意外にシツッコイ毛質です。しかもアンダーヘアは全ての毛において「縮れモード」です。この部分の脱毛をどうするか でvioの脱毛は成功するか失敗するか が決まるようなもの。最も重要な部分ですので、形を決めるのにもよく考えて。

 まず「どういう形にする?」「毛量はどのくらい?(全部無くす?)」この2つを決めましょう。

手順② 形が決まったら、型紙を作り 周りの毛をシェービング.

日本人女性に人気の形は「楕円形」「逆三角形」「四角形(スクエア)」の3種類です。
脱毛器ケノン型紙はその辺にある厚紙などでチャチャっと作れますが、自分で作るのが面倒 という人は、
ケノン公式販売サイトで、
          このような →
『アンダーヘア用スタイルガイド』が本体と同時購入限定ですが、売ってます。
これの使い方は、内側の切り込み戦に沿ってカットし、その型をテンプレートとして周りの余分な毛をシェービングしていく という感じで使います。
脱毛器ケノン
 
← vラインのシェービンングに便利な

『vライン ヒートカッター』
同時購入限定商品です。
 
 ここで、より自然な形で脱毛するコツを一つ!
型紙通りにクッキリとしたラインは見た目が不自然です。なので、最初の1回目の照射は、型紙を切る時点で少し大きめにカットし、その大きさでシェービング&照射をします。そして2回目からは、本来自分が決めた大きさで再び型紙をカット。で、シェービング&照射。2回目以降はもう照射のみを繰り返すだけです。

これで最初の1回分、照射していない部分の毛が少し濃くなる計算になりますので、より自然に見えるようになります。そうならない場合は、また少しずつ照射回数をずらすなどして調整します。

手順③ 自分の設定した周期で照射を繰り返す.

あとは、照射あるのみ!
 照射の頻度は、その都度毛の濃さを見つつ、変えるなどの工夫をしてください。
 
「毛をほどよく残す」というのは、少々テクニックが必要になるので、ケノンを使い始めっからいきなりvioをするのはおすすめしません。
 まずは、他の部分で自分の毛周期や毛の質などをよ〜くつかんで、「大体どれくらいで無くなるのか?」「照射するレベルは?」といったトコロをしっかりと把握できるようになってからvioの脱毛に取り掛かるようにしましょう。