ケノンでする vio脱毛.

今や女性がアンダーヘアを、お手入れするのはもう常識のようになっていて、vio専門の脱毛サロンもあるくらいです。ケノンを購入する人の中にも 脱毛サロンやクリニックでアンダーヘアをするのは恥ずかしいから という理由で買ったという人も少なくありません。

 ですがケノンを買ったはいいけど、実際にはどうやって処理をしたらいいかわからない・・ という人もいるかと思います。
そこで、このページでは、ケノンでvioを処理することで得られるメリット、そしてデメリットなどを検証してみたいと思います。

 ケノンでvio処理をする事のメリット.

毛深かった悩みが解消され、自身が持てる.

アンダーヘアがボーボーであるがゆえに、異性に対して積極的になれなかったのが、vio脱毛をしたことで男性に対して自信が持てるようになり、それがキッカケとなって その他のすべてのことに対しても 積極的になれます。
 公衆浴場・温泉などにも気にせずに行けるように!

セクシーな下着や可愛い水着などの楽しめる幅が広がる.

毛量を減らし、形を整えることでハミ毛の問題を克服できるので、どんな下着でも試すことができるし、水着だって きわどいモノから可愛いモノまで 選択の幅がグンっと広がります。

ムレやニオイが軽減されるので衛生的.

それでなくてもアンダーヘアは(特に夏場など)蒸れやすく、不衛生になりがちです。全部無くしてしまう までしなくても、毛の量が少なくなるだけでも大きな違い。通気性が良くなり、ニオイも気になりにくくなる など、衛生面の向上が望めます。

生理中・排泄時の衛生面の向上.

ある程度整えるだけでも格段に衛生面にはプラスです。生理中の経血の付着・排泄時の排泄物の付着といった事が、極力抑えられますのでお手入れが楽に!

 反対に、ケノンでvio処理をする事のデメリットは?

アンダーヘア処理時の照射が若干痛い.

アンダーヘアは、体の脱毛部位に中でも、超デリケートゾーン です。”v” はそこまでではないかもしれませんが、”i”,”o” に関しては、いくらケノンといえども若干痛い場合があります。照射の際は必ず低いレベルから が鉄則です。

男性に引かれる.(無毛状態の場合)

vioの過度な脱毛(全く毛がない状態など)は、男性は引いてしまう場合があります(日本人男性の場合)。量を調節し、形を整える くらいでしたら大歓迎の男性陣ですが、すべて脱毛してしまうのは、「慣れてそう」「不潔(性的な意味で)」「ソッチ系?」など、何かと勘ぐられる可能性が高いです。

生理時の横もれ・かぶれ.

生理中に関しては、メリットとは逆にデメリットにもなる と言う例ですが・・
 これは主に “iライン” 部分の脱毛をし過ぎた場合に起こる現象です。あまりに毛が少なくなり、経血をとどめておくことができなくなるのが原因です。また、肌に直接ナプキンが触れる(ほぼ密着状態)ことになるので、”カブレ” のトラブルもあるようです。

年をとった時に体裁が悪い.

年齢を重ねると自然に肌はたるんできます。アンダー部分に皮膚もタルミが出やすい部分です。アンダーヘアに覆われているとタルミを隠してくれる という利点もあるため、将来のことも考えて 過度な脱毛は控えたほうがいいかも・・
 
 
以上が、ケノンでvioを脱毛処理する場合のメリット・デメリットになります。