「たるみ」「シワ」への効果.

“肌のハリ” というのは、3つの美容成分「コラーゲン」「エラスチン」「ヒアルロン酸」によって支えられています。これらの成分は皮膚の奥、『真皮層』と呼ばれる部分に多く含まれていて、真皮層の90%がコラーゲン という事実。
 若いうちはこれらの成分は盛んに分泌され、豊富にあるのですが、だんだんと年を重ねていくにつれ 徐々に減少していきます。

 美容成分がうしなわれる原因はなに?

これらの美容成分が失われる原因は、年齢と共に蓄積された「紫外線」や「ストレス」、そして年齢による「筋力の衰え」など、また 生活習慣からもたらされるものとして、「睡眠不足」や「悪い姿勢(猫背)」「バランスの取れていない食事」などがあります。いずれもこういった要因で発生する “活性酸素” や “フリーラジカル” が原因となります。

 活性酸素たち(その他のフリーラジカル要因)は、真皮層にある『繊維芽細胞』という、3つの美容成分を生産している重要な細胞を弱らせ、生産する力を奪ってしまうのです。繊維芽細胞を健やかに保つためには、真皮層まで届くと言われる “紫外線A波” から肌を守ってあげることが大切です。

冬場でもUVカット効果のある化粧品を使う、バランスの良い食事、十分な睡眠、ストレスを溜めない などの生活習慣の見直しが必要です。
そして、外的要因からの改善として、ケノンのスキンケアカートリッジが登場する! というわけです。

 ケノンのIPLフラッシュによる細胞の活性化.

ケノンのIPLの光は、肌の真皮層まで達し、この繊維芽細胞を直接刺激することで コラーゲンを始めとする3つの成分の分泌を促します。要するに、美容成分を自分で作る力を呼び戻すわけです。
 美容成分を外から補うもの と思っている人にとっては、より画期的で実用性のある行動ではないでしょうか。

ヒアルロン酸配合化粧品など その他高価な美容液を塗っただけでは なかなか肌の奥までには浸透していかないし、コラーゲン入りの食材を食べたりしても 直接肌に影響があるとは考えられません。ただ外側から補うだけ という方法は、それが本当に肌に影響しているのか というところに疑問を感じます。

 自分自身の細胞に美容成分を作らせることによって、従来のやり方とは違う画期的な方法で、より効率的に 肌のハリを取り戻すことができるわけです。そして ハリを取り戻すことは、たるみの改善にもつながり、たるみが解消されれば 自ずとシワも薄くなっていく ということになるのです。

フェイシャルエステで 1回数万する施術を何回も受けるのと、ケノンの美顔器(スキンケアカートリッジ)で複数回処理を繰り返すだけで同じような効果が得られる としたら、どちらを選びますか?